Jump to content
Happy Mama Community

矢野 孝星

Members
  • コンテンツ数

    3
  • 加入日

  • 最終訪問時

Community Reputation

0 Neutral

最近のプロフィール訪問者

[最近の訪問者ブロック]は無効になっており、他のユーザーには表示されていません。

  1. みなさん、こんにちは。 歯科医師の矢野です。 今日は妊娠中に気をつけて欲しいお口のケアについてお話したいと思います。 妊娠と出産は女性にとって、人生の一大イベントです。 新しい命をお腹に宿すわけですから、 体の構造が完全に変わります。 母体は、胎児が安全に健康的に育つために最適な環境を作ろうとします。 ホルモンのバランスが変化し 食欲や、味覚・嗅覚が変化し、 腸内環境が変化し、 排便・排尿の性質が変化し、 感情が変化しやくすなり、 その他、様々な変化が体のすみずみで引き起こされます。 それに伴い、不快症状が出たり、体調不良に悩まされたりします。 そのような変化はお口の中にも起こります。 口は、食べ物を食べて体の中に取り入れる最初の器官です。 外界からくる異物や毒物を体内に入れないようにするために 免疫機構が非常に発達しています。 口の中の組織には毛細血管が多く、免疫機能が働きやすくなっています。 そのため、ホルモンバランスの変化や体調の変化に影響されやすい器官でもあります。 女性は、妊娠に伴い女性ホルモンのバランスが変化します。 特にエストロゲンとプロゲストロンいうホルモンは、 妊娠期には月経期と比較して分泌量が大幅に増えます。 これらのホルモンは、歯周病原細菌の増殖を促し、 また、ホルモンの変化によって、免疫機構がくずれるため、 歯ぐきに炎症反応が起きやすくなります。 炎症反応が起きると、歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから血が出たりします。 また妊娠期はつわりのせいで十分なブラッシングができなくなることがあります。 写真:妊娠性歯肉炎 妊娠中は通常の状態に比べて、歯ぐきに炎症が起きやすい状態になっています。 健康なお口の環境を守るために、日頃のオーラルケアに力をいれましょう。 妊娠中のオーラルケアのポイント ・ヘッドができるだけ小さい歯ブラシをつかって一本一本丁寧に磨きましょう。 ・ハミガキ粉の量を減らしましょう。 ・つわりを避けるために、香料の強いハミガキ粉は避けましょう。 ・つわりがある場合は、デンタルリンスを使いましょう。 ・体調の良い時間帯に歯磨きをしましょう。 むし歯菌も歯周病菌も 親から子供へとうつると言われています。 生活をずっと共にするので、 皮膚の上の菌、腸内細菌、お口の菌 これらの菌の種類は、親子で似たものになります。 感染性の病気が親から子供へうつることを垂直感染といいますが、 お口の菌が親から子へうつるのも垂直感染の一つと言えます。 お口の健康を守ることは、将来の子供のお口の健康を守ることにもつながります。 参照 歯周病と妊娠「妊娠性歯肉炎」日本臨床歯周病学会
  2. みなさん、こんにちは。 歯科医師の矢野です。 今回は子供の睡眠についてお話ししたいと思います^^ 子供の寝ている時の姿はかわいいですよね。 日中あれだけ大きな声で 走り回っていたのが嘘かのように スヤスヤと静かに寝ています。 時には歯ぎしりをしたり、寝返りをうったり いびきをかいたりすることもありますが。。 子供のかわいい寝顔を見ると、1日の疲れが一気にとれるようです。 ところで、 子供が寝ている時の様子を じっくりと観察してみたことはありますか? どんな姿勢で寝ているか 横向きで寝ているのか 仰向けで寝ているのか それともうつ伏せで寝ているのか ぐっすり寝れているでしょうか? それとも少し苦しそうに寝ているでしょうか? ぐっすり寝ているかどうかをみるには 次のポイントを観察してみてください。 ・いびきをかいていないかどうか ・口は開いていないかどうか ・寝ている時に咳き込んでいないかどうか ・寝汗の量はどうか ・呼吸は規則的に行われているか これらの点を観察してみることで、 子供が快適に寝れているかどうかがわかるかもしれません。 良質な睡眠は 子供の健康的な成長に欠かせないものです。 良く眠れる習慣があると 体と脳はしっかり休めて 体にたまった老廃物はしっかり排出され 免疫力も調整されるので風邪にもかかりにくくなります。 また、 皆さんもご存知のとおり、 寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。 成長ホルモンはまさに成長させるホルモンで、 子供の身長を伸ばしたり、筋肉や骨格が発達したりします。 この成長ホルモンが一番分泌されるタイミングが 寝付いてから2−3時間後だと言われています。 そして、一番眠りが深くぐっすり寝ている時に分泌されます。 良質な眠りが、子供の成長の秘訣ということです。 「寝る子は良く育つ」とはよく言ったものです。 一方で 不眠が発育に及ぼす悪影響ははかりしれません。 十分な睡眠が得られないと、 集中力がなくなり、 情緒不安定になり 多動ぎみになったりします。 また不眠は、健康な心身の発育を阻害する要因ともなります。 子供が寝ている時に いびきをかいていたり 口で呼吸していたり 寝汗が多すぎたり、 不規則な呼吸をしながら寝ている場合は、 眠りの質が良くない可能性があります。 いびき、無呼吸、口呼吸があるというのはどういうことかというと つまり「呼吸がしづらい」ということです。 呼吸がしづらいと、途中で起きてしまったり、眠りが浅くなったりします。 しっかりと口を閉じて 鼻から息を吸って 鼻から息を吐く。 これが正しい呼吸です。 鼻が詰まっていたり、 お口の筋肉や骨の発達がうまくいっていないと、 どうしても正しい呼吸がしづらくなってしまいます。 口の筋肉や骨格は 話をしたり、物を食べるためだけではなく、 「正しい呼吸」をするためにも非常に重要です。 鼻が詰まっていないのに スムーズに鼻から呼吸ができていない子供は、 お口の筋肉の使い方が上手じゃなかったり 顎の骨の発育がうまくいっていなかったり 歯ならびが悪かったりします。 お口の筋肉の使い方や顎の成長については また別項で書いてみたいと思います。 「寝る子は良く育つ」 正しい呼吸が正しい睡眠にも必要だということですね。 子供の睡眠をサポートできるように まずは寝ている時のお子様のお口をぜひ観察してみてください。 いろいろなことに気づかれると思います。 #正しい睡眠 #睡眠 #寝る #子供の成長 #呼吸 #子供 #いびき
  3. 歯周病が不妊の原因に!? みなさん、こんにちは。 歯科医師の矢野です。 今日は子供の口と呼吸について書いてみたいと思います。 今回は現役で歯科医師をしているお医者さんからの記事になります^^ 意外と歯周病が不妊の原因の可能性があるということについて、まだ知らない方が多いのではないでしょうか。 歯周病はお口の中だけでおこる病気ではなく、 全身の病気とも深く関わっています。 この記事では歯周病が妊娠に及ぼす影響について取り上げたいと思います。 日本では、毎年約100万人の赤ちゃんが生まれています。 妊娠するちからがある正常なカップルでは、3ヶ月で約50%、6ヶ月で70~80パーセント、1年で約90%が妊娠するそうです。 そんな中、なかなか妊娠にいたらず、悩まれているカップルも多くいます。 1年以上避妊せずに性交渉を行なっているにも関わらず、妊娠に至らない状態を不妊といいます。 赤ちゃんを希望するカップルの15%が不妊で悩んでおり、 何らかの不妊治療を受けている人は50万人にも及ぶと言われています。 不妊の原因はいくつかあります。 女性の因子としては 卵巣から卵子が排出されづらくなっていたり、 卵管や子宮の形態や機能によるもの、ホルモン分泌がうまくいっていない場合などが挙げられます。 男性の因子としては 精子を作り排出する機能に問題があったり、 遺伝的な問題などが挙げられます。 妊娠のメカニズムが非常に複雑なものであるため、 女性側と男性側のいずれのステップで問題が起きたとしても 妊娠しづらくなる可能性があるということです。 さて、 数多くの要因の中で、歯周病もまた妊娠のリスクになり得るかもしれません。 フィンランドにあるヘルシンキ大学は、歯周病の病原菌が女性の妊娠を邪魔している可能性があるという研究発表をしました。 いままで歯周病と全身疾患の関連に関しては多くの研究がなされてきました。 歯周病は、心血管疾患や糖尿病、肺炎、低体重時出産などの全身の病気とつながっています。 歯周病の病原菌や、その病原菌が出す毒素が、全身に悪影響を及ぼすことが知られています。 この研究では、妊娠していない女性256名を対象に、 まず唾液の中にいる歯周病病原菌と、唾液と血清中の歯周病病原菌に対する抗体の分析をし、その次に、被験者が12ヶ月間に渡り妊娠したかどうかを観察しました。 その結果は驚くべきもので、妊娠した女性に比べて、妊娠しなかった女性からは歯周病病原菌が明らかに多く検出され、唾液と血清中の歯周病病原菌に対する抗体も明らかに高い数値を示しました。 また、明確な歯周病がある場合は、不妊率が4倍になるという結果が出ました。 いままで、歯周病と全身の病気の関係に関する数多くの研究がなされてきましたが、この研究は、歯周病と不妊との関連についての初めての研究となりました。 まだ明確なメカニズムが明らかにされたわけではありませんが、 今後も歯周病と妊娠の関係について多くの研究がなされていくと思います。 お口の中には細菌がたくさんいます。 いい菌もいれば、増えすぎると悪さをする菌もいます。 歯周病の病原菌は、歯ぐきを腫らしたり、顎の骨をとかしたりするだけではなく、血液を通して全身にまわり悪さをします。 お口の健康と体の健康がつながっているということです。 無事に妊娠をするために、 そして赤ちゃんが健康的に育ってくれるように、 少しでも健康的な体になるよう いろんなことに気を使っていると思います。 お口と全身はつながっているので、 ぜひお口のケアもしっかり行っていきましょう。 参照 Porphyromonas gingivalis may interfere with conception in women Journal of Oral Microbiology, 2017
×
×
  • Create New...